赤ちゃんのためのウォーターサーバー選びで需要な水質検査の内容

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを導入しようと検討しているなら、水質検査をきちんと実施して公開している業者を選ぶことが重要です。

ウォーターサーバーの水質検査ではどのようなことを調べているのでしょう。

ウォーターサーバーの水質検査の内容とは・・

ウォーターサーバーを選ぶ上で大切なのが水の安全性です。

採水地から採水された水を工場に運び、不純物などをろ過してからボトルに入れて製品化されています。

これらの工程を行う工場はどのような環境なのか、衛生面はどうなのか、また水質は安全なのかをチェックする必要があります。

ちゃんとした業者であればこれらの工程が全てホームページで公表されています。

そして水質検査の結果も掲載されています。

水質検査の内容は、放射性ヨウ素や放射性セシウムなどの放射能物質の検査です。

赤ちゃんの安全のためにウォーターサーバーを選んでいる家庭も多いかと思います。

水道水やペットボトルの水ではそのような水質検査は徹底されていません。

毎日飲む水だからこそ、水質検査をきちんと実施してホームページで公開している業者を選びましょう。

定期的に検査しているかどうかも重要

ウォーターサーバーの業者で水質検査を行い公開しているところは多いです。

しかし、定期的に行われているかどうかもチェックしましょう。

一時的に安全が証明されてもそれがずっと続くわけではありません。

1年前の水質検査を掲載して、安全な水を届けていますと言われても信用してはいけません。

きちんとした業者であれば毎月水質検査が実施され、その検査結果がホームページで公開されています。

水質は一番の信用問題になりますから、利用者も正しい知識を持っておきたいですね。

雑菌が繁殖しにくいサーバーかどうかもチェック

水質検査で安全性が確認された水でも、サーバーやボトル内で雑菌が繁殖したのではいけません。
ウォーターサーバーの業者によって、サーバーのメンテナンスやボトルのタイプが違います。

最近ではサーバー自体が自動でクリーニングする機能が搭載されたサーバーもあるのでおすすめです。

またボトルも水がなくなると同時につぶれていくタイプのものがおすすめです。

つぶれないタイプのボトルだと、そこに外気が侵入して雑菌が繁殖しやすくなります。

赤ちゃんのためのウォーターサーバー選びでは放射能物質の検査が徹底されているところを選びましょう。

各業者ごとのホームページで検査結果が公開されているのでチェックしてみましょう。